人事管理システムで今までの業務がグッと楽になる

業務のIT化

婦人

IT化でさらに効率的に

IT化によって業務を効率化する企業は年々増えてきています。IT化を行なうことによって今までの業務を少人数でかつ短時間で行えるようになります。また、IT化で業務を効率化すると、時間の短縮だけではなくミスを減らしたり社内の情報が管理しやすくなったりします。

業務効率化のためのツール

業務効率化のためのツールはかなり多く、人事管理を効率化する人事管理システムや、社内のコミュニケーションをより容易にする会社用コミュニケーションツール、社員のスケジュールを誰でもチェックできるスケジュール共有ツールなどが挙げられます。他にも、エンゲージメントスコアシステムといった社員のモチベーションを上げるためのシステムも出てきています。

環境にも優しい企業へ

今の時代は、IT化による業務の効率化はもちろんですが、環境への配慮もより必要になってきています。環境マネジメントシステムであるISO14001などを取得している企業は、環境保全に貢献していると認められ、信頼度や好感度が高まる時代です。社員や経営だけではなく、環境にも優しい企業を目指しましょう。

パソコン上で使用できる業務効率化ツール

業務効率化のためのツールは、パソコン上で使用できるソフトが一般的です。パソコン上で使えるソフトには、パッケージソフトとクラウドソフトの2種類があります。それぞれの違いを比較してみましょう。

パッケージソフトとクラウドソフトの違い

パッケージソフト

ソフトを導入するタイプのパッケージソフトは、VPNがあればアクセスが可能で、コストは一度払えば済むタイプが多くあります。ただし、セキュリティ面ではクラウドソフト以上に注意する必要があります。

クラウドソフト

インターネットを通じて利用するクラウドソフトは、製品の利用をすぐに始めることができることがメリットでコストは月額で払うタイプが多くあります。インターネットがないと利用できない点がデメリットです。

ここがポイント

パッケージソフトは、インターネットを必要とせず、クラウドソフトはインターネットが必要な点が大きな違いになります。

人事管理システムは人気のツール

業務効率化ツールの1つとして人気のシステムが人事管理システムです。ここでは、人事管理システムの主な機能を5つ知ることができます。

人事管理システムの主な機能

人事管理・給与計算

人事の業務を効率化してくれる人事管理システムのメインとなる機能が、「人事管理・給与計算」です。各従業員のデータ管理はもちろんのこと、給与計算や退職金の計算を行なう機能もついています。

申請・ワークフロー

人事考課や各種届出申請といった「申請・ワークフロー機能」もついています。今までは、申請をするたびに紙の書類を使っていましたが、この機能があれば紙の書類をなくし、申請から認可までのスピードも圧倒的に早くすることができます。

教育・研修管理

新入社員や新しいプロジェクトのために「教育・研修管理機能」がついているシステムも多くあります。人事管理システムとして入れることで、より無駄なくシステムを管理することができます。

ID管理

社内に多くあるシステムにアクセスするために必要なIDやパスワードなどを管理する機能です。いくつもの手続きにはIDやパスワードが必須になるためID管理機能を持ったシステムを導入すると便利です。

タレントマネジメント

人事異動シミュレーションや、キャリアモデル管理といった人材育成やプロジェクト管理に役に立つ「タレントマネジメント機能」がついているシステムも出されています。タレントマネジメントは様々な機能があるので、本当に必要な機能のみを選ぶことが大切です。

新着情報

この記事のまとめ

急速な技術の発展により、業務の効率化が容易になっている今の時代だからこそ、多くの情報を集め常に会社の改善を忘れないことが大切です。

広告募集中